映画

音楽とネオンに彩られたカーアクション映画「ベイビー・ドライバー」

ヒロインがめちゃくちゃかわいい・・・!!

 

まず映画を観終わって最初の感想は、

とにかくヒロイン デボラ役のリリー・ジェームズがめちゃくちゃかわいいってこと!

主人公ベイビーが立ち寄ったファミレスでウエイトレスとして働いているんだけれど、

ファミレスの制服も似合っていてめちゃくちゃかわいい!

それだけで観る価値あります!

音楽とアクションの融合

 

あらすじはこんな感じ↓

ベイビー(アンセル・エルゴート)。その天才的なドライビング・センスが買われ、組織の運転手として彼に課せられた仕事―それは、銀行、現金輸送車を襲ったメンバーを確実に「逃がす」こと。子供の頃の交通事故が原因で耳鳴りに悩まされ続けているベイビー。しかし、音楽を聴くことで、耳鳴りがかき消され、そのドライビング・テクニックがさらに覚醒する。そして誰も止めることができない、追いつくことすらできない、イカれたドライバーへと変貌する―。
組織のボスで作戦担当のドク(ケヴィン・スペイシー)、すぐにブチ切れ銃をブッ放すバッツ(ジェイミー・フォックス)、凶暴すぎる夫婦、バディ(ジョン・ハム)とダーリン(エイザ・ゴンザレス)。彼らとの仕事にスリルを覚え、才能を活かしてきたベイビー。しかし、このクレイジーな環境から抜け出す決意をする―それは、恋人デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を組織に嗅ぎつけられたからだ。自ら決めた“最後の仕事”=“合衆国郵便局の襲撃”がベイビーと恋人と組織を道連れに暴走を始める―。

映画「ベイビー・ドライバー」公式サイト

映画の見所としてはやっぱり華麗なカーアクションと、

ベイビーのイヤホンに流れている音楽との融合。

音楽と映像のカット割りやアクションのタイミングがピッタリと合うから観ていて爽快!

 

借金があり仕方なく犯罪を手伝わされる→借金完済して組織との約束を果たす→

大切な人を殺すとほのめかされ結局なし崩し的に犯罪を続ける→一念発起して打開。

という映画でよくあるパターンで、これに若い二人のキュートな恋愛がプラスされている。

ストーリーとしてはベタな部類なんだろうけど、

音楽、アクション、キュートな恋愛、どれもが素晴らしいから面白かった!

コインランドリーで二人がイヤホンを片耳ずつ付けて音楽聴くシーンなんか、

やってることはベタ中のベタだけど、外国人だと画になる 笑

印象的な色づかい

 

音楽もいいんだけど、色づかいも印象的。

コインランドリーで鮮やかな色の服が同じテンポで回転してたり、

街中のネオンなんかもきれいでオシャレだった。

映画の雰囲気はだいぶ違うけれど、

ライアン・ゴズリング主演の「ドライヴ」を思い出した。

 

いい映画ってサントラ欲しくなるね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です