男女・恋愛・結婚

既婚者がよくされる質問(?)結婚の決め手はなんですか、に対するぼくの答え

約4年前、今の会社に中途入社したときぼくは28歳で、すでに結婚していた。

アラサーという年齢と既婚という事もあってか、主に20代前半の未婚の若手社員から結婚について質問されることが多くなった。

だいたい以下のような質問が多い。

・奥様はどんな方ですか?

・奥様との馴れ初めは?

・奥様のどんなところが好きですか?

・結婚の決め手はなんですか?

その中でも、一番よく聞かれるのは、結婚の決め手はなんですか?だ。

そりゃそうだ。

ぼくの妻がどんな人だろうが他人からすれば関係ないし、馴れ初めなんて人それぞれ。どんなところが好きかっていうのもただの興味本位だろう。

一番知りたいのはやっぱり結婚の決め手で、特に未婚だけど恋人がいて将来のことも考えている人からすれば、今自分が付き合っている人と本当に結婚していいのか、決断しきれないのだと思う。

裏を返せば、絶対この人と結婚したい!というほど好きではなくて、特に別れる理由もないし、長く付き合ってて楽だし、とか、気になるところはあるけどまあこれくらいは許容範囲か、とかって感じなのかもしれない。

その質問をはじめてされたとき少し考えて、やっぱり決め手はこれだったんだろうな。と思ったのは…

嫌いなものが一緒だったから。

 

趣味が一緒で、だったり、歌手の○○○○が好きで意気投合して、だったり「好きなものが一緒」で距離が縮まるパターンは王道だと思う。

けれど実際は、好きなものや趣味が全然合わなくても大した問題ではない気がする。

一方が読書好きで一方がロッククライミング好きだって、

一方が激辛好きで一方が超甘党だって、

一方がネコ派で一方がイヌ派だって、結婚生活が破綻するとは思えない。

(楽観視しすぎ?)

そんなの各々が楽しめばいいのだ。

(昆虫集めが趣味で一部屋潰してゴキブリ千匹飼ってる、とか極端な例は置いといて)

 

それよりも嫌いなものが一緒じゃないのはしんどい。

例えば…

一方は歩きタバコなんて絶対許せないけれど、一方は「それくらい良くない?」

一方は店員さんに横柄な態度取る人は大嫌い、一方は「客なんだから良くない?」

だと絶対無理。

もっと根本的な、

あいさつしない人許せない VS あいさつ重要じゃないとか。

もうぼくのなかでは「VS」になっちゃってます。

もちろんぼくは、あいさつしない人許せない派!

 

すごく些細なことだったとしても、嫌いなもの・ことが合わないと、すこしずつ不満が募ってイライラして、きっとどこかでコップの水が溢れる。

もちろん、安定した結婚生活を揺るがすものって、好きなこと嫌いなことの違いだけじゃないけれど、重要なことの一つかなとも思うんです。

 

まとめると個人的な見解としては、

きのこの山が好きな男と、たけのこの里が好きな女は結婚してもいいけれど、

たけのこの里が嫌いな男と、たけのこの里が好きな女は結婚しないほうがいい、

ってことです。

最後、奇を衒いすぎました…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です