フィルムカメラ

初めてのモノクロフィルムに感動!RolleiのRPX400を使ってみました!

モノクロ前夜

フィルムカメラを買って一年以上が経ちましたが、

これまではカラーフィルムしか使っていませんでした。

街をブラブラする時、アウトドアや旅行に行く時。

重いけどとにかくなるべくカメラを持ち歩くようにして、

FUJIFILMの業務用フィルムISO100の安いものを使って

パシャパシャ撮って練習をしていました。

フィルムカメラで撮った写真っていいなと思ったのは、

粒状感や懐かしい色味を見て、だったので、

選ぶのは必然的にカラーフィルム。

そんなときに買ったのが雑誌「pen」のライカ特集。

誌面の画像は載せませんが、これに載っていた白黒写真を見て

「うわー!モノクロもかっこいい!」

と思いました。

色の情報が少ない分、視線が被写体に集中して

写真が力強く感じる気がしたんです。

モノクロフィルムを求めて

ということで白黒フィルムを買ってみることに。

どんどんフィルムは高価になり、数も減っていってはいますが

モノクロフィルムも意外に選択肢はたくさん残っています。

Kodak トライ-X400

カメラのキタムラのような身近なカメラ屋さんでも手に入りやすいのは

Kodakのトライ-X400という箱に400TXと大きく書かれたものですね。

たいていどこの店舗にもあると思います。

実はこのフィルム、ぼくはフィルムカメラを買った当初、

Kodakなのに安い!と、カラーフィルムだと思って

間違って買ってしまいました。

(未だに使っていません)

パッケージからはモノクロフィルムだと分かりづらいので、

カラーフィルムをお求めの人は間違わないように要注意です!

ILFORD

他には、ILFORD(イルフォード)が有名だと思います。

パッケージがおしゃれです。

富士フイルム ネオパン 100 ACROS Ⅱ

あと、富士フイルムが2018年に生産終了していた「ネオパン 100 ACROS II」が

2019年秋に再生産するそうです。

価格が気になるところですが、昔からのファンはうれしいでしょうね。

今は在庫をAmazonなどで買えますが、

生産開始したらもうちょっと安くなるのかな…?

モノクロフィルムはあまり名前が知られていないものも含めて

種類はたくさんあるので、

色々調べて質感の好みと価格を考えて買うといいかもしれません。

ぼくが買ったのはRollei RPX400

そしてぼくが買ったのがRollei(ローレイ)のRPX400です。

これもパッケージがシンプルでかっこいい。

やっぱり海外のフィルムはデザインもかっこいいですね。

早速撮った写真をいくつか載せます。

といってもほとんどに友人が写っているため、

載せられるものが限られるのですが…。

最後の3枚は熊本のうなぎ屋さん。

創業100年を超える有名店だそうで、

味もさることながら、店内の雰囲気が趣があってすごく良かったです。

と、まあモノクロフィルム初挑戦はこんな感じでした。

モノクロフィルムの難点

最後にモノクロフィルムの難点をお伝えしておきます。

それは現像です。

ぼくはいつもカメラのキタムラで現像をしてもらうのですが、

35mmのカラーフィルム1本なら30分〜1時間ほどで仕上がります。

ただモノクロフィルムは店内で現像できないようで、

「工場に送るので2週間ほどかかります」と言われました。

料金は一緒なのですが、ただでさえ撮ったものを早くみたいのに

何週間も待つのは辛いところ…。

もちろん自社でモノクロフィルムを現像できるお店もあるでしょうが、

数が多くないことは間違いないですし、

郵送でフィルムを送って現像してもらったりもできますが、

いずれにしてもカラーフィルムよりは時間がかかるのが難点ですね。

でもカラーフィルムとは違う魅力があるのも事実!

ぼくもとりあえずは間違って買ってそのままになっている

トライ-X400を使ってみようと思います!

↓練習にオススメ。1本約380円と安いので気軽に撮れます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です