ガジェット

iPadの絵描きなら必須!?Apple Pencilはグリップで書きやすさが飛躍的にアップ!

FINTIE for Apple Pencil グリップ1

iPadユーザーのなかにはApple Pencilを使っている方も多いと思いますが、グリップが細くてつるつるの素材なので、「滑りやすいなぁ」と思いませんか?

 

少し個人的な話をすると、ぼくの場合だと今まで仕事ではスケジュールを書くときくらいしかApple Pencilを使っていなかったのですが、仕事・プライベートともに、iPadアプリのProcreateを使ってロゴやイラストを描くことも増えてきました。

 

字を書くときはあまり気になりませんでしたが、イラストなど細かなタッチが必要になった時に、Apple Pencilのグリップの握りにくさがとても不満に感じるようになりました。

 

そんな時、ネットで見つけたFINTIE for Apple Pencil グリップを買って使ってみると、使いやすさが驚くほど向上したのでご紹介します!

 

・ Apple Pencilを使って絵やイラストを描く方
・ Apple Pencilが細くて握りにくく感じている方
・ 手汗でApple Pencilが滑りやすい方
・ 手のひらが乾燥していてApple Pencilが滑りやすい方

 

上記のような方には参考になると思いますので、ご一読いただけるとうれしいです。

iPadでイラスト描くなら必須!?FINTIE for Apple Pencil グリップで書きやすさが飛躍的にアップ!

FINTIE for Apple Pencil グリップ2

 

購入したのは↓こちらのFINTIE for Apple Pencil グリップです。

基本的なスペックをご紹介していきます。

 

FINTIE for Apple Pencil グリップ11

 

パッケージ内容 2個(ワイドグリップ✕1、標準グリップ✕1)
互換性 Apple Pencil(第1世代、第2世代)
カラーバリエーション 全9色(ホワイト、オレンジ、パープル、ピンクサンド、ブラック、ブルー、ミントグリーン、ラベンダーグレー、レッド)
材質 人体にも環境にも無毒無害の医療用シリコン採用

 

カラーバリエーションが豊富なのが嬉しいですね!

ぼくはシンプルなのが好きなので、統一感も考えてホワイトにしました。

 

 

FINTIE for Apple Pencil グリップのメリット・デメリット

FINTIE for Apple Pencil グリップ1

 

FINTIE for Apple Pencil グリップにもデメリットはあるので、メリットとともに説明します。

 

デメリット

脱落しないようジャストフィットする仕様なので、頻繁に取り外したい場合は不便Apple Pencil第2世代だと、グリップを装着したままだと充電ができない

上記の理由から、Apple Pencil第2世代での使用は現実的じゃない

メリット

Apple Pencilのグリップ力が大幅向上落下時などの保護にもなる

人体にも環境にも無毒無害の医療用シリコン採用

 

Apple Pencil第2世代は、iPad本体側面にマグネットで取り付けて充電しないといけないため、FINTIE for Apple Pencil グリップを装着したままだとマグネットが効かず取り付けられません。

 

充電のたびにFINTIE for Apple Pencil グリップを取り外すのは、個人的にはすごく面倒だと感じるので、Apple Pencil第2世代での使用は現実的ではないと思います。

 

では、それぞれApple Pencilに装着するとどんな感じになるかお見せしていきます。

 

FINTIE for Apple Pencil グリップを実際に装着してみます

 

標準グリップと少し幅広のワイドグリップがそれぞれ1個ずつ入っているので、握りやすさの好みに合わせて使い分けることができます。

 

標準グリップ

FINTIE for Apple Pencil グリップ4

 

装着するとこうで↑

持ってみるとこんな感じです↓

 

 

握ってみると、指がシリコンでキュッと止まるのでFINTIE for Apple Pencil グリップ無しの状態とは比べ物にならないくらい握りやすいです。

細めのシャープペンシルを握っている感じで使えます。

 

ワイドグリップ

FINTIE for Apple Pencil グリップ7

 

こちらは、装着するとこんな感じ↑

くびれがあって、見た目にもメリハリがついたシルエットになりますね。

 

持ってみるとこんな感じです↓

 

FINTIE for Apple Pencil グリップ6

 

もちろんこちらも標準グリップ同様、とっても握りやすくなります。

握った感じは、三色ボールペンなどの少し太めのペンを握っているイメージです。

 

標準グリップとワイドグリップのどちらが良いかは、手の大きさや好みですね。

どちらもすごく握りやすいです。

 

どちらか一つを選ぶとすると、ぼくはワイドグリップの方が好きです。

 

でもぼくは次のような使い方をしています。

 

 

FINTIE for Apple Pencil 標準グリップ、ワイドグリップ2個使い

 

ぼくはこのように標準グリップ、ワイドグリップどちらも装着して使っているんです!

見た目はスマートじゃないかもしれませんね。。

 

なぜ2つとも装着して使うかというと、下画像の赤丸部分。

 

FINTIE for Apple Pencil グリップ11

 

もちろんどちらかひとつのグリップを装着するだけでも握りやすさは大幅向上しますが、手に当たっている赤丸部分がむき出しのままよりもシリコンの方が、より滑らず持ちやすくなります。

 

また、グリップ1つの装着だと、むき出しの部分との太さの差があるため、持ったときに若干違和感を感じる方がいるかもしれませんが、2つ装着するとそれも解消されます。

 

握りやすさと、イラストなどの細かな描写をするときのグリップの安定力は、2個装着だと本当に段違いです!

 

FINTIE for Apple Pencil グリップのまとめ

Apple Pencilは外装がプラスチックのような素材なので、手汗を書きやすい人や、逆に手が乾燥している人も滑りやすいと思います。

 

iPadでApple Pencilを使って絵やイラストなど細かい描写をする方や、通常使用でも滑りやすく感じている方は、シリコン製のFINTIE for Apple Pencil グリップを使うと、たった1000円でその悩みが解決するかもしれません。

 

ご興味のある方はぜひ。

 

created by Rinker
Apple(アップル)
¥11,625
(2021/07/29 17:51:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみにぼくはKinema Stand〈キネマスタンド〉というWEBサイトを運営していて、それに使うイラストをiPadのProcreateで描いています。

 

そのイラストを描くときに、そのままだと書きにくく感じてFINTIE for Apple Pencil グリップを買って使ってみたところ、めちゃくちゃ描きやすくなり、ノンストレスです。

 

それではまた、次の記事で。