日用品

【第2弾】好きなブックカバー(紙)を使うことで、読書のテンションを上げる!

ブックカバー2-1

相変わらずブックカバーをちょっとずつ集めてます。

と言っても今回はほとんどが正式なブックカバーじゃなくて、ラッピングペーパーとして販売されているものを買ってブックカバーにしています。

紹介していきますね。

 

ブックカバー2-2

Paper message

3色印刷とゆる〜いイラストがかわいい

 

上段の左から3つは高知にある印刷会社が運営している、ペーパーアイテムのお店、ペーパーメッセージのラッピングペーパーです。

一番左は高知のご当地ペーパーで、土佐犬や路面電車、尾長鶏、アイスクリンなど高知名物のイラストが散りばめられています。

左から2番目と3番目はイラストレーター大久保淳子さんの鮮やかなイラストを使っています。

 

「冬の大三角」というタイトルの紙。広げるともっときれいなんですが…

 

「leaf 夜」というタイトルの紙。バックが黒だから毒々しく、妖しくも見える

 

書肆 吾輩堂

ロゴを使ったシンプルなデザイン。和風の紺

 

上段右端は書肆 吾輩堂という福岡市にある猫本専門店のブックカバー。

店舗はぼくがよく行くレガーロパピロのすぐ近くにあります。

1Fは本、2Fは雑貨などを置いているんですが、本当にすべて猫に関するモノだけでした。

 

全部猫が関係する本

 

謎のポストカードも買いました。ヒゲの表現!笑

 

REGARO PAPIRO

靴下のイラスト。2色刷り

 

中段すべてと下段の左2つはレガーロパピロのラッピングペーパーです。

外国の紙や、京都の聚落社の紙、レガーロパピロのオリジナルなど、お店は決して広くありませんがたくさんの紙を置いています。

 

珍しい白インクを使った印刷

 

上のマッチ棒柄の紙は聚落社の手漉きペーパー。

黒とショッキングピンクの組み合わせって嫌いなんですが、これはなぜか買ってしまいました。

 

くま

 

これは北欧っぽいデザインですが意外にもネパールの手漉きペーパー。

A5判の本2冊分取れるサイズの紙だったので、今年のほぼ日手帳のカバーとしても使っています。

 

上は福岡のイラストレーターせきけいこさんのイラストを使ったもの。

昨年福岡で開催された紙のイベント「good paper」のメインビジュアルも描いていました。

ちょっと儚げなイラストが多いように思います。

 

クラフトペーパーかな?

 

ハロウィンカラー

 

ウィギーカンパニー

ひょうたん

 

下段真ん中と右から2番目は紙博in福岡で購入した、レトロな作風が特徴のウィギーカンパニーのラッピングペーパー。

大正レトロな感じなので「包装紙」って言ったほうがいいかもしれませんね。

イエローとオレンジが鮮やかなペーパー。

 

ブルーの1色印刷というのがとっても潔い。レトロですねー。

 

手紙舎

YUNOSUKE

 

グラフィックデザイナー/イラストレーターYUNOSUKEさんのイラストを使った手紙舎のラッピングペーパー。

ですが、手紙舎で買ったわけではなく、うきは市(福岡)にある、MINOU BOOKS&CAFEで開催された手紙舎のPOP UP SHOPで買いました。

YUNOSUKEさんのイラストはめちゃくちゃぼくの好みで、グッズもいくつか販売してますがまだ持っていないので夏になったらTシャツとかほしいな…!

 

ブックカバーは好きですが、本を買った時たまに、これにブックカバーをするのはもったいないなぁ、と思うことがあります。

たとえば最近買ったこれとか↓

 

 

森見登美彦さんの「有頂天家族 二代目の帰朝」です。

「有頂天家族」の続編で、最近文庫も出たんですが装幀が素晴らしいので単行本の方を買いました。

 

 

「有頂天家族」は平成たぬき合戦ぽんぽこのような赤がメインカラーでしたが、「二代目の帰朝」は緑。

引き続き、装画は草森秀一さん、ブックデザインは鈴木成一デザイン室。

いいですねー。

 

背表紙もいい感じ

 

第2弾は以上です。

これからもブックカバーをマイペースに集めていこうと思います!

 

TOPに戻る